駄菓子屋さんがBARに!?~お店自体がコンセプトのBAR~

Pocket

誰もが一度は食べたことがある駄菓子。駄菓子といえば、子供のおやつの定番ですね。でしが、そんな懐かしい駄菓子をお酒のつまみに楽しむことができる「駄菓子BAR」というお店があることをご存知でしょうか?

大人になると、子供の頃のように駄菓子を食べる機会はなかなかないものです。
コンビニに数種類の駄菓子が置いてあるのを見かけると、懐かしくなってついつい手に取りたくなりますよね。
コンビニにある駄菓子は根強い人気商品に限られますが、駄菓子BARにはマイナー過ぎて名前も忘れてしまったような駄菓子も数多く取り揃えています。
幼い頃に好きだったあの駄菓子が、また食べられるのです。
駄菓子BARは、「昭和と駄菓子を楽しむ」をコンセプトにした懐かしい雰囲気のあるお店が多く、学校帰りに寄った駄菓子屋さんを思い出すことができるでしょう。
年配の方には懐かしく感じられ若者には新鮮さを感じられることで、幅広い年代に愛されているのです。
まさに童心に返ることが出来るBARなのです。

◆駄菓子BARは都会にあり
駄菓子というと田舎を思い浮かべます。少子化や経営者の高齢化などの影響もあって日本全国の駄菓子のお店は近年著しい減少傾向にあります。
田舎で姿を消す駄菓子屋さんは、都会のど真ん中で駄菓子を好きなだけ食べながらお酒を楽しめる駄菓子BARに姿を変えているのです。

◆駄菓子BARのシステム
駄菓子BARとは、お店は昭和レトロの内装で、駄菓子が食べ放題のBARのことです。
お持ち帰りは厳禁とのこと。
テーブルチャージというものがあり500円が相場のようです。
テーブルチャージとは、居酒屋さんでいうお通し代と同じようなものとして考えていただければいいでしょう。
ただ、居酒屋さんのお通しと違って、駄菓子食べ放題です。
駄菓子じゃお酒のつまみにならないなと思うあなた!
普通の居酒屋のようなメニューも充実しているので、ご安心を。

◆なぜ?駄菓子食べ放題?
子供の頃小遣いを握りしめて駄菓子のお店に行ったときに、 あれも買いたいこれも買いたいと思ってはいたものの、現実はそうはいかなかった思い出はありませんか?
ほとんどの子供はわずかな小遣いしかなく満足できる量の駄菓子を買えなかった経験がほとんどではないでしょうか。
そこで、幼い頃のささやかな夢の「駄菓子をあれもこれも食べたい」という思いを少しでも実現できればと思いから「駄菓子食べ放題」とシステムになったそうです。

◆駄菓子BARは女性にも人気
駄菓子BARでは、女子会コースやデートコースなどの女性向けのメニューもあり、しかもリーズナブル。
また、一般的な居酒屋メニューもあり飲み放題もあります。
メニューには、駄菓子を使った創作料理があり楽しませてくれます。
もちろん駄菓子も食べ放題!女子が喜ばないわけがないですね。
人気駄菓子はうまい棒ですが、当たりくじ付き菓子でワクワクしたり、くちびる型のグミを口に当てて写真を撮ったりと駄菓子を楽しむ女性が増えているようです。

駄菓子BARの中には、懐かしのJ-POPやアニソンの流れるお店やファミコン、スーファミ、64、おもちゃなどの懐かしいアイテムを取り揃えているお店もあります。
また、ゲーム遊び放題というメニューがあったりするお店もあるようです。
自分好みの駄菓子BARを見つけるのもおススメです。
幅広い年代に愛されている駄菓子BARですが、誕生日や記念日、同窓会や2次会、3次会といった各種パーティーにも対応してくれます。
駄菓子BARでパーティーなんて、他では体験できない特別なパーティーになること間違いなしですね。
駄菓子BARは、駄菓子といった懐かしさを感じながらお酒を飲め、且つ居酒屋の要素もある魅力的なお店といえます。
久しぶりの再会も、初めて訪れる方も話題に困ることはないでしょう。

童心に返ってわいわい騒いで飲みたいあなた。
忘れかけていた、あの頃の気持ちを駄菓子BARで思い出してみませんか?
ぜひ、一度足を運んでみてください。